英語力を伸ばすためには「三つのかく」が大切だという。言語学者の金谷武洋氏が述べている。

①日常で目に留まるものを英訳し、メモ帳に「単語を書く」

②人前で英語を話し、「恥をかく」

③英語ができる人と一緒に活動し、「汗をかく」

(引用:『日本語が世界を平和にするこれだけの理由』飛鳥新社)


私はこの半年間、ホームページを制作してブログを綴っている。

そして有難くも、このブログに目を止めていただいたクライアント様もおられる。

若輩ながら社会へ向けた意見を発信し、良くも悪くも皆様からのご意見を感じることも多くある。


金谷さんが伝えたい本旨は、感性を磨くことにあろう。

私がクライアント様に豊かさを提供するためには、先日のブログで綴ったとおり、区別を超えた世界的な感性が必要である、自身もそう感じている。


私自身、語学を身に付けることもそうであるが、グローバルな感性を身に付けるためには、このブログに思いを書き、そして様々なご意見をいただき、クライアントと共に目標を持つことも大事な第一歩であると思い、今日も突き進みたい。

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

『一流経営者の”考え方”と”その背景にある平和哲学”』を学び取る

テスラやスペースXの創業者として著名なイーロン・マスク氏。 新たな製品の開発において、「デザインよりも製造工程が重要」と語る。 氏が描く製品開発は、徹底して無駄なプロセスを省くことに重点を置く。 過去の開発で完成した製品は、終わり、出来上がった開発とし、未来に向けた製品開発の土台にすることを徹底する。 氏は、製造工程を 1番目「要件の定義」 2番目「プロセスの削減」 3番目「最適化」 4番目「スピ

弊社のSDGsへの取り組みが、トレンド情報メディア「antenna*」さんに取り上げられました

(「antenna*」の記事はこちら) 弊社はクラウドファンディングプラットフォーム「GoodMorning」において、SDGsへ向けた資金支援者さまを募り、みなさまと一緒に『私にできるSDGs』を実現して行きたいと考えています。このタイムラインをご覧いただいた方にも、ご支援をお願いし、そしてこの活動を通して国家間の垣根をなくすことにより、不平等や飢餓を最大限になくしていくことを、世界発信して行き

Azmira®の説明ページを公開しました

弊社のECサイト部門である、無添加オーガニック専門店『RussianBlue』は、世界的メーカーの『Azmira®』を専門に取り扱っています。 この度、Azmira®の存在意義について、WEB上に説明ランディングページを公開いたしました。 3分でご理解いただける内容なので、ぜひご覧ください。 【Azmira®ランディングページ】 https://www.pr.russianblue-happyne